サツマイモの収穫2016

6月に定植した袋栽培のサツマイモの収穫を行いました。

土嚢袋に観葉植物用の土を入れて土に刺した苗はいくつかは定着せずに枯れてしまいましたが、大半は順調に育ちました。

おかげさまで駐車場のフェンスがボーボーになる位まで成長しています(笑)

img_2248 img_2250

長いつるを取り払って、土嚢袋からサツマイモを苗ごと引き抜きます。

引き抜くだけで取れるので掘る必要が無いのがメリットです。

img_2251

じゃじゃーん、ドでかいサツマイモが取れました。

形が丸くなったのは苗を縦にして土に入れたためです。一般的には丸みのあるサツマイモを育てたい場合、サツマイモの苗を垂直に植え、長いサツマイモを収穫したい場合、地表に水平になるように浅めに植えると良いと言われています。

img_2254

他のもたくさん取れると思いきや、ドデカイのは一つだけで他はひとつだけでそれほど大きくありませんでした(残念)

午前中しか日が当たらないエリアなのでこれだけ取れるだけでも良しとしましょう。

img_2252

収穫した後はツルをすべて取り除きます。

↓草がボーボーだったのがだいぶスッキリしました↓

img_2279

取り除いたツルや葉っぱはバナナ苗の周囲に置いておいて防寒対策に使います。

防寒対策だけでなく、乾燥した葉っぱは土に帰るのでリサイクルとしても良いと考えています。

サツマイモを収穫した後の土嚢袋はしばらくお休みして、2月中旬くらいに春ジャガイモを植える予定です。

2月上旬から6月上旬まではジャガイモを育てて、6月上旬から11月下旬までサツマイモを育てるサイクルで連作障害を防ぐとともに袋あたりの収穫量を増やせないかを試してみようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です